Home

パラサイト 怖い

パラサイト半地下の家族考察〜無線機編〜 パラサイト半地下の家族には. 映画『パラサイト 半地下の家族』、ポン・ジュノ監督が明かす種明かし、および筆者とオンラインの考察をリストアップ。走り書きな上、韓国語ソースはredditに投稿された英訳を参照しているため、信頼度は低いです。※ 監督側よりネタバレ禁止令が轢かれている作品のため、上映期間中はSNS. (C) CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED 『パラサイト 半地下の人々』を、“格差社会”や“現代を移す鏡”といった社会派的な側面ばかりで観ていると、本当の面白さに気づけないという気がいたします。 観れば観るほど、その重層な作りに感嘆させられる作品なのです。セットであることが発表された高台の豪邸の空間の面白さなど、まだまだ語るべきことがたっぷり残されています。. パラサイト 怖い “パラサイト”し続けなければいけない韓国人の叫び!映画『パラサイト 半地下の家族』ネタバレと最強な生き方。カンヌ映画祭パルムドール受賞作品。さらに【第92回アカデミー賞】「パラサイト 半地下の家族」作品賞含む最多4冠!(作品賞・監督賞・脚本賞・国際長編映画賞)ポン. パラサイト半地下の家族.

パラサイト 半地下の家族は怖い?年齢制限は? パラサイトはpg-12指定 「パラサイト 半地下の家族」はpg-12指定。つまり、12歳未満の方は20歳以上の保護者の助言や指導が必要な作品であるということ。. パラサイト 怖い パラサイトは怖い映画なのか? 「 ホラー」 というジャンルには「超常現象」「グロテスク」「人間の怖さ」「シリアス」があるようです。 この作品は「シリアス」な格差社会と、人間同士の争いの部分は「人間の怖 さ」 で2つの合わさった形。. 「パラサイト 半地下の家族」あらすじ 3. 。気になりますね。 さて、「パラサイト」のテーマは、ずばり貧困と格差。 「万引き家族」に引き続き、貧困をテーマにした映画がパルムドールで最高賞を受賞しているとは. カンヌ国際映画祭 のパルムドール(最高賞)を受賞した、大ヒット公開中の映画『パラサイト 半地下の家族』。そんな何残る映画を一度見たあなたにも、「なるほど」と思わせるような考察を用意しましたので、ぜひご覧ください。. ポン・ジュノ キャスト キム・ギテク. 。 © CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED 本来であれば決して接点を持つとは思えない、対照的なこの二つの家族。だが、パク一家がキム一家を家庭教師や使用人として雇うことで、次第に両者の生活が交わり始めた結果、予想を超えた結末へと突き進んでいく。 自分の生活のために経歴を偽って面接に臨んだり、巧妙な罠を仕掛けて他人から職を奪おうとするこのキム一家だが、決して働くのが嫌だったり社会に適合できない訳ではなく、肝心な仕事の方は問題なくこなせるだけの能力やスキルを持ち合わせているのは、正直かなり予想外だった。 例えば、パク一家の運転手の職を得ようとするキム一家の父親が、自動車販売店の試乗サービスを利用して運転を練習したり、家政婦として入り込んだキム一家の母親も、急な予定変更や深夜の食事に充分対応するなど、そこには決して彼らが怠け者の悪人ではなく、貧困による格差や、投資の失敗による借金のために成功のチャンスを奪われ貧しい暮らしを余儀なくされている人々の存在が描かれていたからだ。 © CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED だが、いくら家の中に招き入れて生活の一部を共にするようになったとはいえ、裕福なパク一家にとって、キム一家はあくまでも使用人としての存在でしかない。その決して超えられない壁が、自分たちも裕福な家族の一員となった気分でいたキム一家の前に突きつけられる、半地下に住む人々に特有の”臭い”という.

パラサイト 半地下の家族の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「殺人の追憶」「グエムル 漢江の怪物」「スノーピアサー. 98となり、世界最低水準の数値まで落ち込んでいます。 「貯金ないまま老後」韓国、広がる格差 受験競争や高齢者の貧困. チャン・ヘジン パク・ドンイク. ソン・ガンホ パラサイト 怖い キム・ギウ. wowowで放映された、映画『パラサイト~半地下の家族』ポン・ジュノ監督の作品を観たのは、『グエムル 漢江の怪物』に続いて2本目です。いやもう、、、何と言ったらいいのか。見終わった後、映像とストーリーが、脳裏に焼き付いて、なかなか寝付けませんでした。タイトル通り、″半地下. パラサイト半地下の家族」のポスター並べてみた こちら、オリジナル版 パク社長の豪邸の綺麗な芝生に白い生足。 一見して若い女性の足だと感じますよね。 暗示でしょうがそれでしたら、誰の足かわかるでしょう。 芝生の上でおきてしまった悲惨なできごと。 オカルト映画のポスターの. 果たしてどっちが寄生しているのか分からなくなってしまいます。 たとえば金持ち父さんパク・ドンイクは自分の妻ヨンギョを「家事は苦手、つくる料理は不味い」と説明している。 金持ちパク家は、豪邸を維持したり、買い物をしたり、子どもたちに勉強させるためには家政婦・ドライバー・家庭教師に依存しないといけません。この関係性は冒頭からエンディングまで、しつこいほど表現されています。 物語をとおしてパク家が「他社に依存することなく自分たちだけで完結」する作業はありません。天候不良のせいとはいえ、一家だけで出かけたキャンプすらもうまくいかない。 そう考えると、映画のタイトルにもなってる「パラサイト=寄生する者」はどっちでしょうか。 裕福な家族から搾取する貧乏な家族? それとも貧乏な家族に依存しないといけない裕福な家族?.

. More パラサイト 怖い videos. 本作の主人公となるキム一家は、訳あって全員が失業中の身。当然ながら生活は貧しく、彼らが住んでいるのも日当たりが悪くスマホの電波も入りにくい、半地下の住宅という始末。 こうして、窓やトイレが自分たちの目線よりも高い位置にある半地下の部屋で、道行く人々の足元を窓の外に見ながら暮らす4人の家族の日常が、映画の序盤では描かれていく。 貧しいながらも家族4人で協力しながら生き抜いている彼らだが、上の階の住人のWi-Fiを無断で使用するなど、厳しい生活環境が彼らのモラルや品位に大きな影響を与えていることが、次第に観客にも分かってくることになる。 そんな彼らがあるきっかけにより、高台に住む富裕層のパク一家と繋がりを持つことになるのだが. 『パラサイト パラサイト 怖い 半地下の家族』実際に観てみての感想【ネタバレ注意】 日の当たらない地下住宅で住んでいる貧困層の一家の話になります。 WiFiも契約するお金がなく、ネット環境を得るために地上にいる他人の家のWiFiを盗んで生活したりしていました。. 年1月10日に公開される韓国映画「パラサイト 半地下の家族」。年カンヌ国際映画祭で、最高賞にあたるパルムドールを受賞した傑作だ。. 映画『パラサイト 半地下の家族』、ポン・ジュノ監督が明かす種明かし、および筆者とオンラインの考察をリストアップ。 走り書きな上、韓国語ソースはredditに投稿された英訳を参照しているため、信頼度は低いです。 ※ 監督側よりネタバレ禁止令が轢かれている作品のため、上映期間中は. どう考えても「視覚的」にジャマである窓ガラスの仕切り。 一見ジャマに思えるこの「線」はこの映画における重要なファクターであり、貧富の格差をあらわす境界線となっています。 このような「線」は随所にわたってみられ、必ず「金持ち」と「貧乏」にきっぱり分けられています。 「金持ち」と「貧乏」は同じ空間にいながらも、両者を分ける「線」があるのです。たとえば.

パラサイトって怖い映画ですか? ベストアンサー:ハラハラドキドキ系ですから、人によっては怖いと感じるかもしれません。 ただ、ホラーではなくサスペンスなのでそこまで構えなくても大丈夫でしょう。. See full list on cinema. 「パラサイト 半地下の家族」★4. キム一家の匂い 5. See full list on campingdog.

ワールド極限ミステリー 、家の中に誰かいる恐怖を映画パラサイトになぞらえているんだけど、それは酷いミスリードだし、もし本当にパラサイトは家に誰かいるって怖いよねって話だと思ってるのなら、それこそがホラー。. パラサイト半地下の家族は怖いので子供は見れないのか 今作品 パラサイト半地下の家族 は 「PG12」指定 となっています。 小学生以下が見るには親や保護者の同伴が望ましい という区分の映画になりますね。. 浮かぶ社会のひずみ|【西日本新聞ニュース】 上の記事で という言葉が出てきますが、「パラサイト」はまさに”失われた中間層”を描いてい る作品です。 何もかも奪われ、必死に今日を生きる人々。 果たして彼らのことを単なる「自己責任」の一言で片づけて、知らない顔をするのが正解なのか。今の現代社会に一石を投じる、とんでもない映画でした。. あの石は何なの? 5.

映画『パラサイト』は様々なメタファーが散りばめられている作品です。では劇中に登場したギあの石にはどんな意味があったのでしょうか。「なぜ水没しかけた家からギウは石を持ち出したのか」といったあなたのギモンに答えていきましょう。※ネタバレ情報がありますので注意して. 『パラサイト半地下の家族』という映画は怖いですか?残酷ですか?すごく痛いですか?話題なので観てみたいですがpg12なので心配です(;;)銃や剣で一瞬で死ぬとかは観られますが、 拷問みたいなわざと痛さを強調するものは絶対. 主要舞台となっているパク家の豪邸には「線」だらけ。片方には金持ち、「線」を隔てて、もう片方には貧乏の構図が守られています。 例① 例② 例③(ちょっと見えづらいですが、観葉植物の後ろに貧乏長男がいます) 例④ 例⑤ 例⑥(貧乏長男が給料を受けとると、カメラアングルが変わり金持ち側に。次にできた「線」は画面右から登場した貧乏家政婦との間にできる。) 例⑦ パク社長が経営しているIT企業の事務所にも、貧富の差をあらわす「線」がみられます。 例⑧ 例⑨ また、「線」ではないですが、「光」も貧富の境界線として表現されています。 暗い貧乏な半地下⇒明るい金持ちの豪邸にむかう長男キム・ギウ。歩く先には光があたっており、明るいです。 はじめて豪邸に入るシーンは光が明るすぎて、もはや家の形すら確認しづらい。 このように綿密に計算された構図は『パラサイト 半地下の家族』の肝となっています。. 半地下に住む全員失業中のキム一家 半地下住宅で暮らす貧しい一家の長男が、 IT企業を経営する超裕福な一家、パク家の家庭教師になったことから 妹が美術の家庭教師として次に父は運転手。 母は家政婦としてパク家で働くことになります。 もちろんこの4人は家族ということは秘密 実はこのパク家の地下シェルターにも秘密があります。 パク家にパラサイト(寄生)したいキム一家の思惑から 予想もしない衝撃展開に・・・.

『パラサイト 半地下の家族』のカメラワークは巧みで、 に映すルールが守られています。 これは「貧乏は金持ちから見下ろされる立場」あるいは「貧乏は金持ちを見上げないといけない立場」とも捉えることできます。 貧乏側のカメラワークは「上から下」(よくても平行) たとえば、地上⇒半地下にいる貧乏のキム家を映すこの冒頭映像。 「上から下」を分かりやすいように撮っています。 あるいは、高台の高級住宅街⇒半地下のスラム街へと戻る豪雨のシーン。カメラワークは基本的に「上から下」。 上から下 上から下 上から下 貧乏側のカメラアングルには「下から上」はありません。よくても並行です。 平行 平行 唯一の例外は、水圧の関係で室内の一番高いところに配置されているトイレ。 金持ち側のカメラワークは「下から上」 反対に、半地下のスラム街⇒高台の豪邸へとむかう長男キム・ギウ。カメラワークは「下から上」。 貧乏は「上」を求め、金持ちは「下」を見ない カメラワークやアングルとは少し話がそれてしまうが、「上」を求める貧乏人と「下」を見ない金持ちの表現もお見事です。 貧乏のキム家はWiFi(電波)を拾うためにスマホを「上」にかざす。彼らが求めるものは「上」にあるのです。 一方で、金持ちのパク家は「下」を見ない。 貧乏キム家は宴会のゴミをテーブルの下に無理やり押し込み、自らの体も隠すが、最後までバレることは無い。なぜなら、金持ちは「下」を見ないからです。 パラサイト 怖い 「下」を見ない金持ちパク家は、自分たちが住んでいる家に地下室があることすら知らない。だから迫っている脅威に気づくことができないのです. . 鑑賞前の予想を覆す衝撃の展開に加えて、映画の中だけの話とは到底思えないテーマや内容となっていた、この『パラサイト 半地下の家族』。 実際、日本でも給与の額がなかなか上がらず、雇用形態も非正規雇用が増えてきているなど、多くの人々が将来や生活への不安を抱えながら生きているだけに、本作で描かれる半地下の部屋に住む家族の描写は、国や文化を超えて多くの人々が共感できるものと感じたのも事実。 © CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED 例えば、この二つの家族が互いに良い影響を受けて、最終的に双方の価値観が変わったり人間的に成長すれば感動的なドラマになり得るし、突然の侵入者に自分たちの生活を奪われる恐怖を描けば、ホラーやサスペンスに仕上げることもできるだろう。 だが、本作は時にコメディ要素を盛り込みながら全く予想もつかない展開へと観客を案内し、最終的に我々の意識を変えてくれる素晴らしい内容となっている。 加えて、そこで描かれるのは能力があってもチャンスに恵まれなかったり、一度沈んだ人間は容易に這い上がれないという残酷な現実であり、更には生活の安定や居住環境がその人の人格をいかに左右するかなど、様々な現実的問題に他ならない。 特に印象的だったのは、キム一家が家族全員で宅配ピザのパッケージ組み立ての内職をするシーンや、不良品がありすぎて自分の娘くらいの年齢の店長から注意される父親の描写だった。 今は笑って見ていられるが、数年後には日本でもこれが身近に感じられるようになるかも? そんな想いがどうしても消えなかったからだ。 そんな厳しい生存競争の中、貧困から這い上がることを夢見たキム一家に残された唯一の希望こそは家族の絆であり、失業中であろうとも父親を敬う息子の存在が、本作のラストをより感動的なものにしてくれているのは、間違いない。 しかも前述した通り、避難所で父親が語った言葉に注意して映画を観ると、ラストシーンに隠された別の側面が見えてくる点も、実に上手いのだ。 先の見えない現代社会を反映し、言葉や国を超えて多くの観客が感情移入できる作品となっただけに、本年度のアカデミー賞ノミネート発表の瞬間を楽しみに待ちたいと思う。 (文:滝口アキラ). 「パラサイト」監督・キャスト 4. 。 © CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED ここで重要なのは、水が高いところから低いところに流れ落ちるが、その逆に上には登って行かないという点だろう。.

。 — Sara Janu チェ・ウシク キム・ギジョン. 年公開「パラサイト半地下の家族」はポンジュノ監督にとって7番目の長編映画。 パラサイト 怖い 父・母・息子・娘からなる二組の家族を中心としたストーリーです。. パク・ソダム チュンスク. See full list on popposblog.

さて、画像多めで長くなってしまいました。 私が考える『パラサイト 半地下の家族』の素晴らしさは以上となります。もう一度振り返ってみると、 『パラサイト 半地下の家族』はナレーションで説明することなく、ビジュアルで語る。映画のテーマである「貧富の格差」の表現力は絶妙で、この伝え方のうまさが、傑作として評価される理由だと考えています。 構図、カメラワーク、タイトルの意味を意識しながらもう一度映画をみると、前回とはまた違った角度から楽しめるのではないでしょうか。. 0。みんなの映画を見た感想. 映画『パラサイト 半地下の家族』のネタバレ感想 公開日:/01/23 更新日:/08/31 この映画を観た男性諸君なら、タイトルを読んだだけで思い出してくれただろう。.

(C) CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED 過去に度々事業に失敗し、今は無職の父キム・ギテク。若い頃は砲丸投げの選手だったが、実生活にはなんの役にも立たないことを痛感している母チュンスク。兵役の前後に4回も大学受験に失敗し、職にもつけない息子ギウ。美術の才能があるにもかかわらず美大に進学できず、予備校に通うお金もない娘ギジョンのキム一家は、貧困層の多い区域の“半地下住宅”で暮らしています。 上の階の住人が新しいパスワードを設定したために、Wi‐Fiが使えなくなったと文句を言うギウ。 父に言われてスマホをかざしながら電波を探していると、やっとトイレ付近で電波をキャッチすることができました。水圧が低いのでトイレが家の一番高い位置に鎮座しているのです。ギウが窓から外を眺めていると、家の壁に通行人が立ち小便を始めました。 ピザ屋の箱を組み立てるアルバイトを家族全員で行っていると、道路に消毒剤が散布されているのが見えました。消毒剤は開けっ放しの窓から家の中に入ってきて、部屋の中は真っ白。家族は咳き込みます。そんな中でも父は淡々と箱を組み立て続けます。 ピザ屋には手抜きだと叱られ取り分を減らされますが、ようやく食事にありつけた一家のもとに、ギウの友人のエリート大学生が訪ねてきました。 コンビニの脇でギウと友人は酒を酌み交わしました。友人はギウに頼みがあると切り出しました。留学することになったので、今教えている高校2年生の女子生徒の家庭教師を代わりにやってほしいと言うのです。 彼はその女子生徒に惚れていて、彼女が大学生になったら正式に付き合うつもりなのだそうです。「なぜ他の大学生に頼まず無職の俺に頼むのか」とギウが尋ねると、「お前なら信用できるからだ」と彼は言うのです。 「それに、お前は四回も受験しているんだからそこいらの遊び呆けている大学生より教えられるだろう」「俺が推薦するから大丈夫だ」と言われたギウはその気になります。 ギウは技術のあるギジョンに書類を捏造させ、家庭教師先へ面接に向かいました。教えられた住所に到着すると、そこはIT企業の社長パク・ドンイク一家が暮らす高台の大豪邸でした。 パク一家の心を掴んだギウは、妹のギジョンを「イリノイ大学に留学経験のある美術教師のジェシカ先生だ」と紹介。. そのカギとなるのが、ある家族の存在。 彼らが登場してから物語が急速に展開していき、誇張なしで予想だにしない展開が待ち受けています。 そこで炙り出されるのが格差と貧困。 韓国は超学歴主義社会ですが、その中でも成功できるのはほんの一握り。 女性の合計特殊出生率は1を割り込み0. 映画内のアレコレを考察 5. 第72回カンヌ国際映画祭<最高賞>パルムドール受賞!世界がその才能を絶賛する若き巨匠ポン・ジュノ監督×名優ソン. 見事アカデミー賞に輝いた「パラサイト 半地下の家族」。 ネットでは「怖い」と話題になっています。 どんな怖いシーンがあるのか、子供が見ても大丈夫なのか? 口コミと合わせて詳しくご紹介します!.

「先の展開が読めない!」「予想を裏切られた」など、そのストーリーの面白さに対する絶賛評がネットにも数多く寄せられているだけに、今回はストーリー紹介の文章も、必要最小限にさせて頂いた。 確かにネット上の評判通り、予想を覆して思わぬ方向に進んでいく中盤以降の展開には、韓国が置かれている厳しい現実問題と、最後の救いであり心の拠り所となる”家族”の存在が描かれており、この点は日本人にも共感できるものとなっている。 実際、日本版の予告編やチラシからは、半地下の家に住む貧困家族が裕福な家庭を次第に乗っ取っていくサスペンス映画のような印象を受けるのだが、時にコメディ要素や残酷な描写を挟んで観客を翻弄する本作は、決して一つのジャンルに分類できる単純な展開には終わらないのが見事! © CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED 加えて、エンタメ作品としても充分面白い本作が、観客や批評家からこれほど高い評価を得ている大きな理由は、その深い余韻と問題定義を観客に残すラストシーンにある。 一見すれば、自分たちの生活のために周囲の人々を欺いたキム一家には当然それなりの代償が伴うという教訓と同時に、家族の強い絆や将来への希望をも抱かせる素晴らしいラストに思えるのだが、「計画を立てても、その通りにはならない」という、キム一家の父親のセリフをどう受け取るか? によって、実はラストの意味が全く違ったものになってしまう点も、鑑賞後の余韻を更に深いものにしてくれるのだ。 もちろん、詳しい内容やネタバレは知らずに観た方がいいのだが、一度鑑賞した後で見返すと、より細かい描写や伏線が分かって更に楽しめる、この『パラサイト 半地下の家族』。 果たして、キム一家の将来に待つのは希望か、それとも絶望なのか? それは、ぜひご自身の目で観て判断頂きたいのだが、できれば内容に関する情報が拡散する前に劇場で観ることを、強くオススメする。. めちゃくちゃ怖いですよね! 犯人も気にしていたので鉢合わせすることはなかったようですが、もし鉢合わせしていたらと思うとゾッとします;; 空手歴6年の櫻田愛実さんにかかれば、腕に自身のない男性なら倒せちゃうかもしれませんが、それにしても. イ・ソンギュン ヨンギョ. See full list on motchan3102.

*以下の記事では、現在公開中の『パラサイト 半地下の家族』の内容と結末が述べられていますのでご注意ください。とりわけ、本作のポン・ジュノ監督は「ネタバレ」をしないように呼びかけています(劇場パンフレ. ネタバレしないように この映画の見どころポイントを3つあげながら感想を述べますと、 この映画すごい面白い!衝撃 こうきたか!って展開です。 パラサイト 怖い 皆さんが絶賛されるだけのことはあるね。 少しも目が離せない映画でした。 経済格差、学力格差、就職難など 韓国で問題になっている社会現象がリアルに盛り込まれており 非常にメッセージ性の高い作品 内容は難解でもなく、スト―リもわかりやすいので 見やすい映画だと思います。 役者さんの演技がすごいですし、 カメラワークっていうんでしょうか これも素晴らしい 前半、キム家の面々がパク家に入り込むあたりくらいまで はお笑い要素あり会場が笑いにつつまれるけれど 後半はドキドキ!サスペンス要素の強いとてもショッキングな内容 衝撃的で思わず声がでてしまうほど 展開が読めないし想像つかない衝撃シーンが・・・ 物語全体的にみると胸が締め付けられるような作品でした。 (ちょっとラブな展開もあります。). (C) CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED 【日本公開】 年公開(韓国映画) 【原題】 기생충 (英題:Parasite) 【監督】 ポン・ジュノ 【キャスト】 ソン・ガンホ、チャン・ヘジン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、イ・ジョンウン、チョン・ジソ、パク・ソジュン、パク・ミョンフン 【作品概要】 『殺人の追憶』『グエムル 漢江の怪物』『スノーピアサー』などで知られる韓国の名匠ポン・ジュノ監督と名優ソン・ガンホが4度目のタッグを組んだ作品。 裕福な家庭に貧しい家族が仕事人として入り込んだことで思わぬ悲喜劇が起こる様を、コメディ・ホラー・社会派とジャンルを横断して描く。 年には第72回カンヌ国際映画祭で韓国映画初となるパルムドールを受賞し、年の第92回アカデミー賞では作品賞・監督賞を始め6部門にノミネートされた。. なぜインディアン? 5. 映画のタイトルのパラサイト(Parasite)は「寄生」を意味します。 人間の場合は「他社に依存して生きる者」と置きかえることができます。それを踏まえたうえで、 『パラサイト 半地下の家族』のあらすじだけを聞くと、てっきり貧乏人が金持ちから搾取(依存)するストーリーかと思ってしまいます。ところが映画本編を観ると. チョ・ヨジョン ポン・ジュノ監督&ソン・ガンホの名コンビ!ソン・ガンホの迫真の演技は必見です。. パラサイト 半地下の家族の映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全1078件。評価4. 韓国映画で初めてのパルムドールを受賞し、アカデミー賞作品賞にもノミネートされている「パラサイト」。 全世界でヒットし、なんと既にドラマ化まで決まっています。しかも、制作総監督は「バイス」のアダム・マッケイ! パラサイト 怖い eiga.

本作で観客に強烈な印象を残すのは、何と言っても終盤に登場する集中豪雨のシーンだろう。 突然降り出した大雨の中をキム一家が、パク一家の豪邸から本来の住みかである半地下の家へと急いで帰る長い移動シーンは、それまで観客が実感できなかった、この二つの家族の間に存在する隔たりを視覚的に表現していて実に見事! 加えて、高台にあるパク一家の豪邸からどんどん坂を下ってキム一家の住む地区に向かうにつれて、周囲の景色の変化や道路にいる住人の数が増えていく描写も、お互いの住む世界の格差を観客に実感させてくれるのだ。 次第に激しさを増す豪雨の中、富裕層の住む高台から、ものすごい量の水が流れ落ちてきて、キム一家の家の中は水浸しどころか水位が上がって溺れそうになるだけでなく、更にトイレからも汚水が逆流して噴出してくるという、最悪の状況を迎えてしまうのだが. 「この映画は、たぶん作品賞を取らない。自分の中の悲観的な自分がそう恐れている。僕はそれを受け入れる。僕はこの.